「無駄な経費を使わず、子育て世代の人生をもっと謳歌してほしい」

僕が昔住んでいた家は藁葺き屋根の家でした。戦前に建てられた平屋建ての本当に古い家。

玄関を入ったところには土間があって、野菜などがいつも置かれており、冷蔵庫も当時は野菜の置かれた土間に一緒にありました。
土間の奥には台所がありました。台所といっても「かまど」が二つと、ガスコンロ、洗い場があるだけです。その隅には、山から採って来た松の葉や薪が積んであり、その横が風呂の焚き口となっていました。

お風呂は母屋の外に出たところにありました。一旦外に出て入らないといけないので、入る時も出る時も寒くてたまりませんでした。今は見ることの無くなったマキをくべる五右衛門風呂です。

小さい頃は足を踏み外すと熱いので怖がりながら入っていました。モルタルの床は直ぐに冷え、お湯もすぐ冷めるので、入っている時にも誰かに薪をくべてもらわなければいけません。


「おかあさ〜ん!」


毎日毎日、家族の呼ぶ声に答えていたのは母でした。

薪は山に拾いに行かなければなりません。拾っても拾っても終わりがありません。
藁で作った入れ物に沢山の薪や松の葉っぱを運んでいた母の姿を思い出します。


やがて中学校に上がった頃、突然父が『家を建てる』と言い出しました。


まず始まったのは裏山から松の木を切り出すこと。私は遊びたい盛りでしたが、家が新しくなるという魅力で山から材木を運び出すのを必死で手伝いました。松の皮を妹たちと剥いたり、運んだり。

父に「手伝え」と言われるのは嫌だったのですが、職人さんの手伝いを始めると本当に楽しかったのを覚えています。

私が皮を剥いた材木は梁や階段板となり、今でもそのまま残っています。
壁に土を塗る手伝いをしたことも強烈に覚えています。



新しい家が完成した時、風呂は青いポリウレタン製。お湯は電気温水器で沸くようになっていました。
今ではとても『当たり前なこと』にとても感動したのです。
家の中にお風呂があり、ひねるとお湯が出るのです。もう寒いなかでの薪拾いも、薪をくべることも必要でなくなりました。


「これは楽じゃ。もう薪をくべんでもええわ」

そう言って喜んでいた母の顔を、今でも覚えています。


私はその母の顔を見て、
「大きくなったら家を建てる仕事をしよう」と自然に思いました。
これだけ人に喜んでもらえる仕事がしたい。と。

そして本当に家づくりを仕事にすることができました。

もしもっと便利で新しい家に暮らしていたなら、私は家づくりを仕事にはしていなかったのかと思うと、あの藁葺き屋根の家に感謝したい気持ちになります。


皆さんにとって本当に家づくりが必要になるのは「子育てのとき」です。
子育ての時期は住宅以外にも、いろいろな出費が重なります。
そんな大変な時期に土地取得や建築費用で多額の借金をする、これが今の家づくりの現状です。


私はアメリカやオーストラリアを訪れ、その住宅にヒントをもらいました。規模や仕様は変わらないのに、日本で掛かるような間接費がないからとてもリーズナブルなのです。そして、日本の住宅の無駄の多さに愕然としたのです。



「無駄な経費を使わず、子育て世代の人生をもっと謳歌してほしい。」


これが私が心から望むことです。私の母がそうだったように、皆さんの喜ぶ顔を見ることができれば、これに替わる幸せはないと考えています。


有限会社 アーキ・フロンティアホーム 代表取締役社長  藤井浩治

家を建てる前に読んで欲しいガイドブックをご進呈しています。

「坪単価に惑わされて建築したらオプション工事だらけ…」
「コマーシャルで見る会社だからと信用したら…」

家を安全に安心して手に入れる究極の9ヵ条
ほとんどの方にとって家造りは初めての経験です。
そして、「失敗した」とお考えの方が多いのも事実なのです。

これから家づくりをお考えの方に後悔しない、納得の行く家づくりを成功して頂くために、私が書いた「家を安全に安心して手に入れる究極の9 ケ条」を参考にしてください。

住宅購入の失敗例や欠陥住宅を防ぐ手法などアドバイ スにまとめた貴重なものです。このガイドブックを読めばご自分の家造りに応用できる9項目のノウハウを知って頂けます。
一般の書店では手に入らないこの1冊を、ぜひお役立てください。

ご希望の方は下のフォームに必要事項をご記入の上、送信下さい。

住宅建築アドバイザー 藤井浩治著
A5版 61ページ

家を安全に安心して手に入れる究極の9ケ条 -「大丈夫」と思っているあなたへ -

第一カ条 何故、住宅新法は出来たのか

★現場チェックがなかったために
普通の商品にはPL法(製造物責任法)があります。商品の欠陥によって購入者が被害を受けたときに、賠償できる法律です。住宅を構成する部材、部品にもPL法は適用されます。ところが、住宅は数万点にも及ぶ部材、部品から成り立ち、住宅そのものをPL法でしばり切れなかったのです。  (略)

第二カ条 住宅は商品ではありません

住宅はいつから耐久消費財という商品になったのでしょうか。それは昭和四十年代、住宅の絶対数が足りなかった時代です。いち早く沢山の住宅を供給するために、新建材が次々に生まれ、東南アジアからラワン材が、北米やソビエトから針葉樹が洪水のように輸入されました。これによって大企業が住宅を「商品化」して大量生産・大量販売を始めたのです。  (略)

第三カ条 実績は何故必要なのか

人は口で幾ら立派なことを言っても信用出来ませんね。それより、おこなっている事を見た方が余程信用出来るものです。特に、住宅は出来上がって住んでみないと、本当に良かったかどうか解らないものの代表選手です。  この大切な事を忘れ、痛い目に遭った人はどれだけ居たでしょうか。モデルハウスはモデルであって本物ではありません。それだけを見て信用は出来ません。  (略)

第四カ条 住宅建築の仕組み

日本の住宅は、欧米に比べて高いと言われています。一つは造る側の仕組みが複雑になっています。もう一つは建築材料を購入するまでに、長い流通経路があります。この二つが高くなる大きな原因です。  (略)

第五カ条 材料選びを怠るな

シックハウス症候群。この言葉耳にタコができるほど聞きましたね。厚生省の調べでは、この患者数は100万人を超えているようです。やっと新築して喜んで入居したはずが、実は室内は化学物質に汚染され、アトピーやアレルギーが悪化した。健康だったのに体調を崩し病院通い。これらの実態はテレビ、新聞などマスコミにも数多く報道されました。  (略)

第六カ条 証拠は現場にある

住宅に限らず、現場にはその会社の実態が現れます。警察の犯人探しの基本は現場百回と言うほど、現場には証拠になるものがあるのです。住宅会社も同じです。コマーシャルで幾ら立派な宣伝をしたり、マスコミで幾ら騒がれようが、その会社の現場を見れば実態が直ぐ判ります。  (略)

第七カ条 見積書依頼と見積書の見方

打ち合わせが進み、プランが何回か変更になり、「さて、これで幾らぐらい掛かるのか?」と思われてから、初めて見積書を取るべきです。別項で書きますが、坪単価にこだわり過ぎないことです。どこも安く見せようと、必ず安さを全面に出してきます。概算は構いませんが、詳細見積りはプランや仕様決定後に行うべきです。  (略)

第八カ条 住宅の良し悪しは契約までに決まります

営業マンの口車に乗せられて、充分に検討しないままに契約した。価格サービスやキャンペーンのオプションサービスに釣られて契約した。数十万円の買い物なら、契約した後に問題が起きても、まだ諦めがつきます。しかし、住宅はそうはいきません。一生の後悔につながるのです。  (略)


ガイドブックのお申し込みはこちらからお願いします

※携帯版をご覧の方は、下記「お問い合わせ」からお問い合わせください。



<こちらからお申し込みください>

お名前 (必須)
ふりがな
郵便番号 半角入力:例 012-3456
ご住所
電話番号 半角入力:例 0123-4567-8901
年齢
E-Mailアドレス (必須) 半角入力
コメント
送信ボタンを押すと確認画面が表示されます。入力項目をもう一度ご確認下さい。