総社市 池田洋美様

CIMG3122.JPG  私たち親子3人(母・娘2人)がクレバリーホームの新居を構えて1年が過ぎました。
マイホーム購入する前は私の実家が所有する倉庫を改装して娘2人は学生生活を過ごし、私は看護師勤務をして7年間生活してきました。それはいくら人間が住めるように改装して手を加えても倉庫は倉庫。風通し悪く、湿気は多く光熱費はかかるし・・で、生活上大変でした。
 そんな時新居探しにモデルハウスを廻ったところ、住居の素晴らしさをしみじみ感じました。いろんなモデルハウスを見学し、それぞれの間取りや見積もりを出してもらいました。各メーカーそれぞれ特徴はあり、どのメーカーも素晴らしい間取りに私の希望を取り入れたプランの中私が一番心を引かれた営業マンはクレバリーホームの宮崎さんでした。

ちょっとぽっちゃりしていてチャーミングな笑顔で接して下さいました。汗を拭きながら一生懸命クレバリーホームの魅力を語っていて「わが社の1番のおすすめは外壁のタイルです。」と、実際に新築中の家を拝見し白いタイルに包まれた家を見たときには感動しました。他のメーカーのモデルハウスも見学しましたが、クレバリーホームの外壁タイルには心引かれました。まるでホワイトハウス城でした。
 そして、興味を持ってもっと詳細を知りたいと思い、何度もクレバリーホームの構造、材料、間取り、窓の位置、ドアの位置・・・などと細かいところまで説明を受けながらアドバイス、いろんなプランを考えて下さいました。一生懸命、私たち家族のことを思い信念を感じたのは他のメーカーでもない、クレバリーホームの宮崎さんでした。
CIMG3131.JPG  クレバリーホームに決定していざ建築工事が始まり今後は監督の水原さん・大工の中山さん・あつしさんです。新築工事が着々と進む中、水原さんを始め中山さんやあつしさん達の仕事を一生懸命する姿に益々心引かれました。
 時々進行状況を見に行ったり現場で相談したとき安心してお任せできると強く思いました。工事中も一つ一つ確認しながら進めて行き材料も一つ一つ確認させていただきました。何一つ手抜きのない工事と作業です。
 業者とお客様が一つになって進められていくことで安心感と信頼感が出来上がります。
アフター・ケアー・フォローもきっちりできていますので安心できて心地よい住まいであることに大変喜んでいます。なので、友人や知人たちを自信を持って招待することができて今でもうれしくて頻繁に食事会を行っています。
 来る人皆さんが一番に声することは「ワァーすごい」「明るくて広いね」って大好評です。みんなから「素敵な家でうらやましいな」って言われてうれしい限りです。
 まずフローリングがスタイリッシホワイトでクロスもホワイトなのでまず明るく空間が広く感じます。それで窓も大きく天井まで高さがありますので解放感あふれた空間と家具の色でモノトーンとなり締まった感じも含め家内の調和が取れました、自信あるマイホームに仕上がり満足度120%です。
 これも営業マンの宮崎さん、監督の水原さん、大工の中山さん、あつしさん、・・
その他各業者の皆様のおかげで素晴らしいクレバリーホームがマイホームとなり一生の心地よさを確保できました。
 自信を持ってお勧めできるハウスメーカーは「クレバリーホーム」が1番だと私は心より思っております。

IMG_1976.jpg  人間の衣食住の中で、まず1番は住まいだと思います。
安らぎや和む家基本的なことがあって生きがいを持ち生活できるのだと思うようになりました。


福山市坪生町 N・W様

CIMG9518.JPG 我が家の新築に対するこだわりの大きなポイントは2つでした。
1つは太陽光を設置すること。そしてもう1つは静かで交通量の少なく、子供がのびのび過ごせる立地であること。
 後者は家というより土地の問題で広さや環境、そして実家に近いという条件で探していました。
 もちろんそこにお金の問題も絡んでくるので土地+家で上記の条件を満たせる・・ということが決定条件でした。

アパート暮らしの時に近くにクレバリーホーム神辺店がありました。
通勤路でもあったので存在は知っていましたが、実際に行って話を聞いてみました。
 そこで初めて構造や工法、そしておおよそのかかる金額などがわかりました。

CIMG9538.JPG  当然のように建てる前はいくつかのハウスメーカーや工務店を検討しました。
理想を追うときりがないのですが、イメージだけではじめは「無垢材のどっしり大きな広ーい家」なんて思い描いていたのですが、価格と土地との関係、土地と家の形との関係。
必要な部屋数と広さとの関係など、担当の大高さんが本当によく話を聞いてくださり、そして何度も丁寧に思いを形にして下さいました。良かったのはただ思いをどんどん聞き入れる・・・というわけでなく、プロの目からどこが無駄(もったいなく)で、どこに力を入れたら・・・という視点がとてもしっくり納得でき私たちの視点に立って頂いていることが感じられたのです。この人にお願いしたいな、と思いました。「大きな買い物だから納得して頂きたい」と何度も言われどんな小さなことも調べ比較し決定の手助け


福山市箕島町 T・Y様

IMG_1372.JPG 子供の年齢的にもそろそろ持ち家がほしいなと思い始めました。
いろいろとハウスメーカーを回り、お話をたくさん聞きました。
ハウスメーカー、それぞれに独自の特色があり、どこが良いのかどこにしたいのか凄く悩んでいました。
そんな時たまたま車で通りかかったところにクレバリーホームの展示場が見えました。名前だけは知っていたので、どんな感じかなのかなあと思い、軽い気持ちで立ち寄ることに。他のハウスメーカーよりもリーズナブルなことに、まず興味がわきました。そして営業マンらしくない謙虚な姿勢でしつこくなく穏やかな営業の方に他とは違うなーと好印象でした。

今回クレバリーホームで家を建ててみよう!!と思った理由のひとつにその営業マンさんだったからというのもあるかもしれません。
とりあえず建てる建てないは別としてまず土地選びからだなと思ったので、いくつか土地情報を提供して頂き、一緒に見に行くことに。なかなか気に入る土地もなく、ここ良いなと思えば価格がオーバーだったり・・少しあきらめかけていた頃に場所・価格ともに私たちが気に入る土地に出会いました。そのときに一緒に見学に行っていた営業の方が「ここ良いんじゃないですか~。もしうちで建てなくてもそんなに気に入ったのなら、ここの土地が良いと思いますよ。うちで建ててもらえればもちろん嬉しいですが、無理にお願いすることでもないので、お客様にお任せしますから。せっかく良い土地に巡り合えたのならお家を建てられたらどうですか?」といっていました。
 普通ならガンガン押してきて「ぜひうちで建ててください!!」といのんじゃないかなあ?と不思議な気持ちになり、それと同時に「このハウスメーカーで建ててもよいかな」と思うようになりました。物を買うときもそうですが、あまりにしつこい店員さんや良いことだけ言う営業の方、がつがつと攻めてくる火とってなんだか嫌な気分になりますよね。話すことがすべてが胡散臭く聞こえたり、信頼感がもてなかったり・・そして数日間主人と話しあいを繰り返し、クレバリーホームで建てようと決心しました。
 クレバリーホームで建てると決めるまでに悩んだりもしました。あまりメジャーなハウスメーカーでもないので、保証や手抜き工事は大丈夫かな?と不安もありました。人ってなぜか“大手”だと無条件に安心したり信頼してしまいますからね。でも不安なことや聞きにくいことなどもしつこく営業の方に聞き、話をしていく中で次第にその不安は解消されました。やっぱり疑問に思うことや納得できないことなどは恥ずかしがらずにどんな小さいことでも聞くべきだと思いました。
 そして、クレバリーホームで決定する際、最後の決め手となったのは価格です。ハウスメーカーそれぞれに“坪単価”というものがあります。まずその坪単価が安い事。結局家というのはオプション、オプションで理想の家。設備に近づけますから。まずその基準や基本となる坪単価が安いにこしたことはありません。私たちの場合、土地が高かったので家は“安く”と考えていました。
そしてクレバリーホームの一番のよさは外壁タイルです。タイルなのに安いのが凄く気に入りました。

IMG_1346.JPG 実際に住んでみて、家で気に入っているポイントの一番は外壁総タイルにした事かなと思います。家って中も大切ですが、見た目外観も十分大切ですからね。家の中はシンプルに白一色に統一し、私たちの寝室だけドアとフローリングをダークブラウンにしました。ここもお気に入りの一つです。白一色にしたのは土地を見学に行く際に立ち寄ったクレバリーホームで建てられた方のお家を見に行って、白一色にまとめた家に凄く良さを感じたからです。

住み始めてもうすぐ1年。住んでいる中で何か不具合があったとき、電話をするとすぐに来てくれたりとアフターケアも満足しています。これからも長いお付き合いになりますが、末永くよろしく御願い致します。


岡山市北区 Y・N様

① 建築を考え始めた当初、何に悩んでらっしゃいましたか?
結婚当初はマイホームにこだわりはなく、長年ローンを払うよりは、常に新しいコーポ、借家で良いのではないかと考えていましたが、妻が妊娠したことをきっかけに、マイホームについて真剣に考えるようになりました。マンションもありましたが、子供が自由に遊べる環境は欲しかたので一軒家にきめました。

② 何がきっかけでクレバリホームを知ることになりましたか?
多くのハウスメーカーについてはハウジングパークで色々調べましたが、クレバリーホームを知ったのは義理の兄夫婦が家を建てたのがきっかけです。最初は地味なイメージしかなく兄夫婦とは違う家を建てたいと考えていたので、見積もりを取るだけの軽い比較対象で考えていました。

③ クレバリホームを知ってから、建てることを決めるまでに何か躊躇することがありましたか?
私は家のローンで必要以上に苦労するのは嫌なので、一番重要なのは金額ですが、そこを我慢して一生不満が残る家に住みたくない、また、初期投資は安くてもその後の維持費用が高い家にも住みたくないと思っていました。自分なりに家について勉強したつもりで、気になるポイントを比較していけば建てたい家が見えてくると思っていましたが、どのメーカーにも特徴があり、値段比較が非常に難しかったです。何が安くて何が高いのか、自分の建てたい家がどんな物なのか、どんどん分からなくなって行きましたが、原点に戻り、自分が家に求める優先順位を考えてなおした結果、必要なものが見えてきました。クレバリーホームに対しては、タイルを使用している以外は地味なイメージしかなく、せっかく家を建てるならもっと名前の知れたハウスメーカー、特徴のある家と考えていましたが、調べていくうちに家の基礎である木材からしっかりしたものを使用しており、家造りに対して本当にまじめなハウスメーカーだと思うようになりました。また、ハウスメーカー担当者の方は契約までの時間を急ぐ方や他社を落とすような言い方が多かった中で、クレバリーホーム担当者は時間をかけて相談に乗っていただき、また、他の方とは違い他社の悪口を全く言わない事に驚き、その事で改めて自分たちの仕事に自信があるのだなと感じました。

④ それはどう解消されましたか?
その中でも、最後の決め手は大工さんです。最終的に2社で悩んでいましたが、クレバリーホームの現場見学会に行った時、あまり話の得意そうでない大工さんが説明してくれました。まだ若い方で最初は不安でしたが、よその現場説明と違いその大工さんは自分の仕事に対してプライド持っていること、またクレバリーホームの担当さんや家に対しても愛着を持っていることが伝わって来ました。大工から慕われるハウスメーカーは本当に良いハウスメーカーではないか、構造や材料が良くても造る人が悪ければ良い家はできないのではないかと思います。建築中の家も完成してからでは確認できないところまで見学でき、悩んでいたことが全て解決し、ここに任せれば大丈夫だと確信しました。

今は、住んで半年経ちました。以前住んでいたコーポと比べると何もかもが良くて、本当に建てて良かったと思います。私個人では大きな風呂が気にいっています。

最後になりますが、クレバリーホーム倉敷で担当して頂いた赤松さん、水川さん、皆さん、大工さん本当にお世話になりました。多くのわがままを言ってご迷惑をおかけしました。楽しい家造りができ、その後も大満足です。ありがとうございました。


都窪郡早島町 H・O様

IMG_0319.jpg 新築を考え始めた当初は、数あるHM(ハウスメーカー)の中からどこにするか迷い、とりあえず気になるHMのカタログを片端から送ってもらいました。何社かピックアップして実際に展示場に行きました。その中に耐震性と総タイル貼りの外観が魅力的だったクレバリーホームがありました。

初めて展示場に行った時は展示の家が10年半前に建てられたとのことで正直いまいちという感じでした。でも後日実際に建築中の家を見せてもらい、私たちの中でクレバリーホームの存在がぐんと大きくなりました。とても素敵なやで大げさでなく感動しました。

IMG_1969.jpg 最終的に2社に絞込み毎日悩みましたが、最後の決め手となったのは営業の方の誠実さでした。一転二転した土地選びではたびたび土地に出向いて私たちの不安材料について調べてくださいました。一番うれしかったのは子供の通学時間がかかることで迷っていたとき、実際に通学路を歩いてどのくらいかかるか調べてくださったことでした。図面もこちらの要望を元に何回も何回も書いてくださり本当に感謝しています。

おかげさまで無事に完成した我が家は、憧れの総タイルの外観と考えに考えた間取りでとても満足しています。子供たちものびのびと家中走り回っております。本当にありがとうございました。


倉敷市下庄 T・W様

CIMG5061.JPG CIMG5070.JPG

私たちは2年前から家造りを検討し始めました。子供も少しずつ大きくなっていくし、もしかするとまた家族が増えるかもしれないと考えたときにこのまま賃貸住宅での生活はどうかな?と考えたからです。ちなみに家賃も結構な金額だったのもあり、正直もったいないというのもありました。

それから、いろんなハウスメーカーを見て回るようになりました。でもはっきりいってどこのメーカーがいいのかさっぱり分からない状態のまま月日のみが過ぎていきました。
そんな中、会社の先輩のお宅がクレバリーホームということを聞いて、知ることになりました。それから展示場に足を運びここから我が家とクレバリーホームさんとの歴史が始まったのです(笑)
家造りについて全く未知の世界にいた私たちに一からいろいろ教えてくれてたくさんのお宅を見せてくれたり、あれもこれも!!といった私たちの意見を最大限に取り入れた間取りを提案してくれたり、家造りが徐々に楽しくなってきました。

IMG_2054.jpg ●我が家がクレバリーホームさんに決めたのは・・・
①主人がタイル貼りの家にこだわっていた。
②自由設計でタイル貼りの割に他のハウスメーカーに比べて価格が安かった。
③担当者が信頼できた。
④総合展示場で実際に宿泊体験をさせて頂き、一気に夢が膨らんだから(笑)です。
実際に生活するようになった今、自慢できる家かなと自己満足しています。
現在家造りを進めている友人も遊びに来たときに「参考になる~!」といって、当初考えていた間取りを変更したそうです!
まだ生活し始めて3ヶ月ですが、クレバリーホームさんとの1年半は忙しい中でも充実した時間でした。ありがとうございました。

P.S.
打ち合わせのときに白黒の図面しかなかったのでできたら模型(記念になるし)やパソコンで立体的にシュミレーションがあればいいなあ・・・と思っていました。


総社市地頭片山 A・N様

家の建築を考え始めた当初、悩んでいたのはやはり価格でしょうか。
ハウジングモールなどに足を運んだのですが、坪単価を聞けばたいてい50~60万円、安くても45万円程度だったでしょうか。家とはそういうものなんだなと思いました。
比較的ローコストなハウスメーカーさんに足を運ぶようになりましたが、どれもピンとこず・・・。クレバリーホームさんを知ったのは知人に教えてもらったことがきっかけなのですが、正直あまり期待はしていませんでした(失礼)

しかし、担当さんの人柄がとても良く、楽しいお話と詳しい説明でとてもよい時間をすごせたことはクレバリーホームに決めた理由のひとつでもあります。
あとはやはりクレバリーホームの推しているローコストなタイルは大きな決め手でした。
ハウスメーカーに足を運ぶ上で家というものもメンテナンスが必要なんだと知りました。
建てたら終わりと思っていたところもあるので、後になって大きな費用がかかる知りショックでした。またちょうどその頃、私の実家の外壁を塗り替える作業が必要になっていて、150万近くかかるという話を聞き、それを実感しました。
クレバリーホームさんのタイルは手の届く価格でメンテナンスフリーということですし、モデルルームを見に行った際、割と築年数が経っていたにも関わらず、外壁は確かにとてもきれいで決め手となりました。

住み始めて日は浅いですが、とても快適な生活を送っております。
反省点としては、窓を大きくすれば良かったと思う箇所がいくつかあります。細長い窓が多いのですが、やはり光と風を通しにくいように思えます。家に面していて見られたくない方向はすりガラスの大きめの窓にすれば光も入りやすくすりガラスならカーテンやロールがなくても良いのでコストも浮く気がします。2階があっても1階で過ごすほうが断然多いので、1階の収納をかなり多めにしたことはとても良かったです。
リビングとダイニングがつながっていたり、広い空間がある場合はだいたい部屋の中心あたりにコンセントをつけておいて掃除機のコードをつけかえなくても一度で掃除機がかけられるようにすると便利です。
1階に洋服を掛けるところが少しあると、冬場のコートやちょっと出かけるときなど楽で便利です。
2階のベランダは案外汚れやすいので、水道を作っておけば手すりもすぐふけたり水掃除がすぐできたり、窓も拭けたりしてよかったかなと思います。

これから建築される方の参考のひとつになればと思います。


岡山県倉敷市 D・N様

家を建てようと思い始めた当初は、右も左も分らない状態であったため、とにかく多くの知識を得たいと思い、様々な展示場、地元の工務店等をまわっていました。クレバリーホームも同様で、最初はそんな参考程度の情報を得ようと思い訪れました。

当時は展示場などで、その都度記入するアンケート等による、ダイレクトメール、電話、そして突然の訪問に少々ウンザリしており、(噂には聞いていたのですが…)クレバリーホーム倉敷店を最初に訪問した際も「氏名、連絡先など記入したくないのですが、良いですか?」と言ったのを覚えております。そんな脈の無さそうな客である自分達に対しても「全然かまいませんよ」と快く、構造や外壁タイルのことなどを熱心に教えていただき、帰り際には「名前なんかいいですから、気が向いたらいつでも来てみて下さい」とのこと。自分にとってはこの感覚がとても新鮮でした。

その敷居の低さ(失礼)から、その後連絡先も明かさず何度も訪れましたが、その都度熱心に、そして自分達の売っている物に対して自信を持って、クレバリーホームの良さを伝えてくれました。そんな営業姿勢が羨ましくもあり、なにより安心感へと繋がっていきました。失礼を承知で書きますが、契約に至る以前のアーキ・フロンティアホームに対する漠然とした不安感は、「フランチャイズ制の場合、工務店の技量が家の出来を左右すると聞くが大丈夫なのだろうか?」また、「県外の業者だがアフターサービス等は大丈夫なのだろうか?」等々ありましたが、そんな不安感も打合せを重ねる度、徐徐に解消されていきました。クレバリーホームで家を建てようと決めたのは、もちろん構造、外壁タイル、価格等のハード的な魅力も重要なことではありましたが、なによりこの人達となら安心して、一緒に家造りを進めていくことができると思えたからです。

家づくりの過程においても、限られた予算の中で様々なアイデアを出していただき、楽しく進められました。こちらの要望に対しても、実現の可能性のある案件であれば、最大限の模索をしていただき、無理なものは無理とハッキリ言っていただけたように思います。また、仕事帰りの夜遅くの打合せや、何の儲けにもならない相談事への対応、家づくり以外の話にも度々お付き合いいただき感謝しております。

入居して半年経った現在も、なかなか荷物の整理がつかず落ち着きませんが、この家も徐徐に生活の一部になっていくものだろうと思っています。また、子供達は広くなった家の中を楽しそうに走りまわって遊んでいます。(入っていく小キズにも最初はショックでしたが…よく色々な遊びを考え付くものだと感心します。)最後に、完成した家に住んでみて、当初の漠然とした不安感が杞憂に過ぎなかったことを付け加えておきます。

営業担当の赤松様をはじめクレバリーホーム倉敷店の皆様、あまり無理をなさらないよう、“良い”家づくりを続けていって下さい。そしてこれからもよろしくお願い致します。


倉敷市上富井 S・O様

CIMG4368.JPG ①建築を考え始めた当初何に悩んでいましたか?
土地選びと1番はやはりお金ですね。
大手メーカーを選びましたがトータルコストが安い御社に早くから決めていましたが、土地選びに1年かかりました。

②何がきっかけでクレバリーを知りましたか?
実はすごい単純で地元のスーパーにおいてあったチラシがきっかけです。

③クレバリーホームを知ってから建てることを決めるまでに躊躇することがありましたか?
やはりローンのお金です。
我が家は越してきたばかりで貯金も少なかったため金銭的な問題が一番でした。

④それはどう解消されましたか?
打ち合わせを重ねていく中で自分の理想的な家と予算がだいぶ合ってきましたので少し安心になってきました。

⑤クレバリーホームで決定する前に、最後の決め手になったのは何でしたでしょうか?
価格と外壁タイル! それとなんといっても営業担当者の方と妻との相性だと思います。

⑥実際に住んでみてどうでしたか?
今のところ不満は全くありません。自分たちの家のコンセプトであった(シンプル系)、統一感は思い通りになりましたし、営業の方が自分たちが無理を言っても何とか予算内でしていただける様に努力している姿は本当に感謝、感謝です。

IMG_0806.jpg IMG_1996.jpg
私たちは住宅の知識が全くなかった為に営業担当者の方の提案を素直に聞き入れ採用してきました。特にこだわったアイランドキッチン、間接照明、2Fの勾配天井の寝室は思った以上のものができて家族ともども非常に満足しています。

特に最初から携わっていただいた倉敷店店長の赤松さんは色々として頂きまして本当にお礼を申し上げます。これからもよろしく御願い致します。


倉敷市羽島 S・O様

IMG_0765.jpg  子どもが小学校に入学するまでに家を建てたいと考えていました。
私たち家族が最初に訪れたのはハウスメーカーが集合した住宅展示場でした。

しかし1件1件を家を見ていく度に自分たちが想像していた価格とかけ離れ、結局5件ものハウスメーカーを回り疲れて住宅展示場を後にしました。
その帰り道、私たちは理想と現実の違いに途方に暮れていました。
何故なら私たちは40坪で1500万円の家を求めていたからです。
そんな時、家の近くにあるハウスメーカーを思い出しました。
疲れていた私たちは今日はあとこの1件だけ見ていこうと決め、クレバリーホームへと足を運びました。  中へ入ってみると今日見てきたハウスメーカーの最新設備とは違い年数を思わせるモデルハウスでしたが、のちの担当となる宮崎さんこと宮おっちゃんに「40坪で1500万の家を建てることは可能ですか?」と問いかけた所、笑顔で「大丈夫です。」と返ってきました。
もともと宮おっちゃんの接客態度に好印象を持っていたことも手伝ってそこから私たちは宮おっちゃんに聞きたいことをたくさん聞き私たちは色々なことを教えてもらいました。
 全面タイルのすごさ、こだわりぬいた自由設計などの話を聞き帰りの車の中ではクレバリーホームに決めようと2人で話していました。
家に帰ってから2人でこんな家にしたいと家の設計を考え2回目の打ち合わせには素人なり書いた設計図を持っていきました。
 それを元に宮おっちゃんが設計図を作ってくれ私たちに色々提案してくれましたが、私たちが求める家の大きさと設備にすると1500万円に抑えることは難しく不可解に近かったのですが宮おっちゃんは諦めることはなく何度も何度も書き直した私たちが納得するまで提案を続けてくれました。
 結果、私たちが求める大きさ設備では目標価格1500万円を超えてはしまいましたが、建坪42坪で自分たちの理想通りの設計で大変満足のいく家を建てることができました。
 実際に住んでみて使いやすさはもちろんのこと誰に見せてもうらやましがられる自慢の家となりました。

IMG_1983.jpg 私たちは他のどの住宅を見ても自分たちの住むこの家が1番だと自信を持って言えます。
こう言い切れるのも私たちが一生住む家だからと最後まで後悔のないように進めてくれた宮おっちゃん、暑い中一生懸命一つ一つ丁寧に家を作り上げてくれた棟梁さんなど私たち家族に関わったクレバリーホームの方々のおかげだと感謝しています。
私たちのこの文章を読んで頂くことで少しでもクレバリーホームに興味を持って頂き一人でも笑顔が増えることを願っています。